この家 その店 あの日の夕餉 1景

駅ナカで へその旨味を 味わう宵

宮城の南 端っこにある里山の

冬の風と人々が 

じっくりじっくり作り上げた 美味しあの味で一献


ふらりと寄った仙台駅の食事処「松島」にて食む「へそ大根」。

丸森の筆甫で作られた干し大根だ。

輪切りの大根を茹でてから、真ん中を串に刺して並べて干すので、干し上がった真ん中に穴が開く。

この穴を、おへそになぞらえたから「へそ大根」と名がついた。

乾いて小さくなったものが、再び炊かれて出来るのが、出汁をたっぷり吸い、ふっくらと丸く、柔らかく甘く、美味い美味い大根の煮物。

これを、宮城の北側の松山町の酒と頂く。

冷の「一ノ蔵」の御銚子を、蛇の目の猪口に注いで一口、香り良し。


宮城の松山町は、江戸初期に、茂庭周防良元が領地としたところ。

やがて、江戸後期には酒造が盛んになったといわれている。


昭和48年に、老舗の4つの蔵元が合併して「一の蔵酒造」となり、松山では現在、その協力を得て「酒ミュージアム」も運営され、酒の歴史を伝承している。


この日の晩酌、へそ大根と一ノ蔵は、寒さをちょいと楽しみに変えた。

宮城の風をあびながら、時をかけて作り続けてきた沁みる味だ。

            *2014年12月の作成文

ふくらく's Ownd

仙台で長年『ふくらく通信』を自費発行する東北人。河北仙販さんの協力で時々新聞折込中。趣味で地域に貢献出来きたらと思って活動。東北の魅力や被災地の様子、世の中への提言の他、食や歴史についても発信する。

0コメント

  • 1000 / 1000